食中毒 病院 何科

食中毒になったら病院は何科に行けば良いのか

スポンサーリンク

食中毒はどのシーズンでもなりますが、夏は特に菌やウイルスが繁殖しやすい時期ですので、注意が必要です。
生焼けの食材を食べたり、生食の刺身や卵を食した際に腸炎ビブリオやカンピロバクター、サルモネラ菌、ノロウイルスなどにかかってしまいます。
急に腹痛がしてくるものもあれば、数日経ってから異変が起きることがあります。ほとんどの症状は腹痛、嘔吐、下痢などの消化器症状で、稀に発熱や関節痛などをきたすことがあります。予後が悪いと、ギラン・バレー症候群という恐ろしい難病にかかってしまうこともあるので、たかが食中毒と言ってあなどっていると怖い目にあうのです。
また、消化器症状が進むと麻痺性イレウス(腸閉塞)など手術が必要な大きな病気になることもあるので、決して軽くみてはなりません。
なるべく病院に行きたくないという方もおられるかもしれませんが、病院に行っておいて損はないと思います。
では、病院は何科にかかれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

答えは消化器内科が一番良いということです。
消化器症状が出ていますので、最も専門的な消化器内科で検査をしてもらった上で、点滴、薬の処方をしてもらうことが大切です。
重症になると、稀に入院が必要になります。
O-157にかかると、菌のだすベロ毒素によって、溶血性尿毒症になる場合があります。
実際に、過去にはO-157で溶血性尿毒症になり、死亡した例もありますので、食中毒は種類によってはかなり恐ろしいものなのです。
もし、近くに消化器内科がない場合は内科でも良いです。
直近に食中毒の元となり得る生のものなどを食べていれば、自己申告するようにしてください。
また、その食材の状態などもきちんと伝えるといいでしょう。
もし、酸っぱい匂いなどがしていれば、腐敗していたということも考えられます。
また、夜間や休日で病院が空いていなくても、激しい腹痛に襲われた際は、食中毒だけでなくその他の消化器の病気の可能性もありますので、救急外来にいきましょう。「これくらいで行くのは躊躇われる」という方のために、救急では行くべきかどうかの判断をしてくれますし、病院に直接問い合わせてみると、医師と電話で話せることもありますので、活用してみてください。

スポンサーリンク