食中毒 うつる

食中毒が人から人へうつるのは本当か?

スポンサーリンク

少し前までは、ノロウイルスなどはウイルスに汚染させれた生の食べ物を口にすることで発症すると思われていました。
しかし実際はそういったものを食べていない人も発症します。
食中毒の種類によっては人から人へうつってしまうことがあるのです。
その原因は何なのでしょうか。
食中毒の大半の原因は先に述べた通り、汚染されたものを食べてしまうことにありますが、これを1次感染と呼びます。
実際に食べていないけれども発症してしまった方を2次感染者と呼びます。
これは、他の感染症と同じく、飛沫感染などでうつります。
飛沫感染とは、1次感染者のくしゃみや咳などを介して感染することです。
また、くしゃみや咳だけでなく、普通に息をするだけでも写ってしまいます。
また、ノロウイルスなどでは1次感染者の吐瀉物などを処理した際の手や器具を介することで感染に至ります。
その手で食事をすることにより、発症して島のです。
つまり、口からウイルスを取り込んでしまうことでうつってしまいます。

 

スポンサーリンク

それでは、このような感染を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。
まず1番は、感染した人の世話をする際はマスクや手袋を装着することです。
家族が感染した場合、なるべく同室で過ごすことは避けましょう。
また吐瀉物などを処理する際も手袋、ビニール袋、そして消毒のための塩素系漂白剤をきちんと使い、じかに触れないようにします。
普通のアルコールは、ノロウイルスには効果がありません。
塩素系漂白剤を水で薄めて使用するのが正しい使い方です。
またノロウイルスの流行シーズンになると、電車や人の多い場所では誰が保菌しているかわかりませんので、常にマスクをして予防したり、帰宅後は手洗いやうがいを徹底することである程度防げます。
もし身近な人が感染した場合は、食事する際の食器を分けたり、お手洗いを使うときも便座をきちんと消毒してから使うと良いでしょう。
2次感染を防ぐためにも、予防は念入りに行いましょう。

 

スポンサーリンク