ウニ 食中毒 症状

ウニの食中毒の症状はどのようなものか

スポンサーリンク

夏場に起こりやすい食中毒ですが、特に魚介類は腸炎ビブリオというものになりやすいです。
徹底した官吏のされているレストランや寿司屋よりも、家庭での調理はリスクが高まります。
ウニもその1つで、腸炎ビブリオになりやすい食べ物です。
では、腸炎ビブリオになってしまったらどのような症状が出るのでしょうか。
また、予防法などはどのようなものがあるのでしょう。
腸炎ビブリオは、海水や泥に潜んでおり、海水の温度が上がると増殖します。
ですので、夏場はリスクが高まるわけです。
夏場に水揚げされたウニなどは、腸炎ビブリオのリスクがさらに高まっています。
もし、この菌を摂取してしまうと、10時間くらい経った後に下痢や嘔吐などの消化器症状が現れます。
急激に差し込むような腹痛に見舞われることになります。
稀に、発熱や痺れなども起こりますので、決して軽い食中毒というものではありません。
もし痺れやチアノーゼが見られたら、すぐに病院に行かなければなりません。

 

スポンサーリンク

大体の人は、3日ほどで治ります。
しかし、病気の方や子供、ご高齢の方は免疫力が十分ではないので、脱水症状を起こしたり、敗血症になることもあります。
もし、これらの方々が普段とは違う強烈な痛みを訴えていたら、必ずすぐに病院に連れて行きましょう。
では、腸炎ビブリオにならないためには、どうすれば良いのでしょうか。
この菌は、真水では生きられませんので、真水で綺麗に洗いましょう。
あまりウニなどを洗う習慣がないかもしれませんが、、真水でよく洗うことで、菌を殺して流すことができます。
また、ウニを切ったりした場合の包丁やまな板は、他の食材を調理するときには使わないようにしましょう。
ウニを切った後の包丁やまな板は洗剤を使ってすぐに洗い流し、それでも不安な場合は塩素系漂白剤に浸して殺菌しておきましょう。
特に夏場ではこれらを徹底することで、ウニによる食中毒のリスクを減らせます。
腸炎ビブリオにならないような管理を心がけましょう。

 

スポンサーリンク