馬刺し 食中毒 死亡

馬刺しの食中毒で死亡しないための対策

スポンサーリンク

ユッケやレバ刺しと並んで、生の肉を食べる馬刺しは食中毒になるリスクの高い食べ物だと言えます。
馬刺しによる食中毒は、ザルコシスティス・フェアリーという寄生虫によるものです。
この寄生虫は馬や犬に寄生しており、人に寄生することはありません。
犬がザルコシスティス・フェアリーに寄生された状態で、排便をします。
その便に潜んでいた寄生虫が馬の飼料や水などに移り、馬へと感染することで馬と犬の間でザルコシスティス・フェアリーが行ったり来たりします。
この状態の馬の肉を、人間が食べてしまうことで食中毒になってしまうのです。
では、どのような症状が出るのでしょうか。
まず食中毒になると、だいたい1時間前後で発症します。
長くとも数時間以内の発症で、胃痛や嘔吐、下痢などの消化器症状が現れます。
これは一過性のものですので、たいていの場合は後遺症もなく軽度で済んでしまいますが、稀に重篤化し、死に至ることもあります。

 

スポンサーリンク

農林水産省によると、今の時点ではどのくらいの量を食べると症状を示すかはまだ明らかになっていないということですので、個人差があります。
ザイルコシスティス・フェアリーに感染しないようにするためには、農場の段階での対策から、加工や流通での対策、そして調理での対策が必要になります。
上記の通り、この寄生虫は馬と犬の間を行き来していますので、犬の餌に馬肉を与えないことや、犬と馬の飲み水を一緒にしないなど、餌やりに注意する必要があります。
牧羊犬など働くために必要な犬を放し飼いにしている農場主は、馬と犬の接触に気をつけましょう。
また、冷凍することで食中毒のリスクが減らせますので、急速冷凍装置でマイナス20度の中心温度で48時間以上は冷凍保存しなければなりません。
また、肉を切る際は馬刺しに使う包丁と、その他の具材を調理するまな板、包丁を使い分けるなどして、寄生虫が他の食材に移らないように気をつけましょう。
使用した後はしっかり消毒しておくことも肝心です。

 

スポンサーリンク