食中毒 症状 じんましん

食中毒でじんましんの症状が出るのはヒスタミンのせい

スポンサーリンク

食中毒は大体の症状が腹痛や嘔吐、下痢などの消化器症状ですが、じんましんができてしまうこともあります。
食べ物でじんましんができるというと、食物アレルギーのイメージが強いですが、特に今まで食べ物でアレルギーを起こしたことがないという方もなり得るものです。
ですので、食べ物のせいなのかどうか、判断に迷われる場合もあるでしょう。
では、食中毒でじんましんになってしまう原因とはなんなのでしょうか。
ヒスタミンという物質は、アレルギーの原因物質です。
花粉症の原因でもあり、食品によってはヒスタミンが多く含まれていることもあります。
赤身の魚は鮮度が落ちるに従って、ヒスタミンの量が増えてしまうという特徴があります。
魚に多く含まれいて、カジキやマグロ、ブリ、サバなどでよく起こります。
サバなどはアレルギーを持っている方は特にヒスタミンで中毒になりやすいものです。
ですので、ヒスタミンでの食中毒はアレルギー性のものということができます。

 

スポンサーリンク

これらの赤身の魚には、ヒスチジンというものが多く含まれており、酵素の働きでヒスタミンになります。
これらのヒスタミンは海水中に存在していることもあり、水揚げされた時点ですでにヒスタミンが付いていることもあります。
また、ヒスタミンの特徴は1度付着すると、加熱しても死なないために食中毒になりやすいという点です。
一旦ヒスタミンが増えた魚は焼いてもヒスタミンが減りません。
ですので、煮魚や焼き魚を食べて、下がピリピリするような感覚になったら、すぐに食べるのをやめましょう。
もしヒスタミンの食中毒になったら、水分を多く摂取して、体外に排出できるようにしましょう。
あまりにもかゆみなどがひどい場合は、抗ヒスタミン薬の注射などをしてもらえる場合はあります。
元からアレルギー体質の方でも、安易に抗ヒスタミン薬を飲むよりは、まず病院に行ってから、薬を飲んでもいいかどうかを訊ねるようにしましょう。

 

スポンサーリンク