カレー 再加熱 食中毒

カレーは再加熱しないと食中毒になる!?加熱時間やウェルシュ菌の対策方法とは?

スポンサーリンク

カレーは作ってすぐよりも,一晩置いてからのほうが味がしみこんだり,コクが生まれて美味しいといわれますよね。
確かに一晩置いたカレーは美味しさが増しているような気がします。
しかし,実は時間を置いたカレーは食中毒が発生してしまう危険があるということをご存知でしたか?
カレー自体は作るときにしっかり火を通して煮込んでいくので,安全な食品だと思われることも多いのですが,実はこれが大きな落とし穴なのです。
いったいなぜカレーによる食中毒が発生してしまうのでしょうか?
そして,再加熱を行えばこの食中毒を防ぐことができるのでしょうか?
カレーによる食中毒の原因菌とされているのが,多くの場合はウェルシュ菌と呼ばれる菌になります。
このウェルシュ菌自体は自然界に幅広く存在している菌で,動物の腸の中や,川や下水などの水の中,あるいは土の中にも存在しています。
土にも存在しているということは,土から掘り出されるようなお野菜にも付着している可能性があるということです。
カレーの具材に使われるジャガイモやニンジンなどの根菜にも菌がくっついていることが考えられます。
もちろん,ウェルシュ菌以外の細菌もくっついているのですが,これらの菌はカレーが作られるときの熱によって多くのものが殺菌できます。
しかし,ウェルシュ菌は加熱に強いという特徴があるのです。
ウェルシュ菌は加熱されて生存することが難しい環境におかれると,芽胞というカプセルのようなものの中に閉じこもることによって,自分の身を守ります。
そして,周囲が安全な環境に戻ってから再度活動を始めるのです。

スポンサーリンク

つまり,カレーを作っている最中は,一部のウェルシュ菌がカプセルに入って生き残っている状態で,加熱が終わって温度がさめてきた頃に再度活動を始めます。
このようにウェルシュ菌は加熱に強いといわれていますが,それでも熱を加えることによってある程度菌の数を減らすことはできるのです。
したがって,カレーによるウェルシュ菌食中毒を防ぐためには,再加熱を行うという方法も有効です。
食べる直前にもう一度しっかり火を通すことによって,菌の数を減らすことができれば,食中毒を防ぐことができるようになります。
再加熱を行う時間についてですが,一般的には75℃以上で1分間以上加熱を行うこととされています。
食中毒を引き起こさないという意味では,作ってからすぐに食べてしまうことが一番理想的なのですが,実際には作って全てを食べきってしまうというのは難しい場合も多いでしょう。
そこで,一晩置いたカレーを食べるときには,再度しっかりと火を通すように心がけたいですね。
もうひとつウェルシュ菌食中毒の予防対策方法としては,作った後のカレーをできるだけ短時間で冷やしてしまうというのも有効です。
とはいっても,お鍋の中に入れていてもなかなか冷えては行かないでしょうから,作った後に別の容器に小分けしてしまって,荒熱を取ってから冷蔵庫に入れてしまうのが良い方法です。
鍋に入れたまま放置していても温度の高い状態が続くために菌が増殖しやすい環境が整えられてしまいます。
菌が増えやすい温度を避けるために,できるだけ短時間でカレーを一度冷やしてしまうことが有効な対策方法です。

スポンサーリンク